2016年4月FSIJ月例会 BBG-SWD

Pocket

先日FSIJ月例会がありました。タイトルは「SWDプログラマの決定版 BBG-SWD」です。

一口でまとめると、ARMによるSWD(Serial Wire Debug)をBeagleBone Green上で使えるようにしたという話でした。

そもそもの背景には、gniibeさんが販売しているハードウェアFST-01FSM-55の製造過程があります。実際にハードウェアの製造を行うSeeed Studioでは、ファームウェアの書き込みにST-Link/V2というJTAGデバッガを、Windows上で動作するST Micro提供のソフトウェアで使っているという問題があります。ファームウェア書き込み部分も自由ソフトウェア、ハードウェアで置き換えることを目的としているそうです。これによって、”Respects Your Freedom Hardware product“の認証を取得する資格が得られるようです。ST Microのプロプライエタリなソフトウェアを介さないので、その部分でマルウェアを仕込まれるような可能性も低減できます。

ソフトウェアのリポジトリはhttp://git.gniibe.org/gitweb/?p=bbg-swd.gitにあります。この中には、BeagleBone Greenのbone-kernelと呼ばれる種類のLinux kernelに含まれるPRUSS(Programmable Realtime Unit SubSystem)のドライバ(uio_pruss)を介して動作するプログラムと、それをOpenOCDで利用可能にするためのOpenOCDへのパッチから構成されています。

gniibeさんはこの成果をhackster.ioのIoTコンテストに応募したそうですが、ファイナリストまでは選出されたものの受賞には至らなかったとのことでした。

Raspberry PIを筆頭としたワンチップマイコンは広く流行っていますが、こういった低レイヤーまで自由なコンピューティング環境を提供しているものはなかなか無いようです。

有志によるリバースエンジニアリングの成果でそれなりに自由なOrange PIシリーズは、熱に弱いという問題があるそうです。自分も購入したのにここ数ヶ月使っていなかったので知りませんでした…

今の時期暖かくなってきましたが、そんな環境でも動作するというgniibeさんのおすすめはWandboardだそうです。