月別アーカイブ: 2013年4月

第八回 カーネル/VM探検隊に参加してきた

2013年4月13日、都内で第八回 カーネル/VM探検隊が開催されたので、参加してきました。詳細はGoogle Siteの方を見てもらえば、発表内容や資料が見られます。

個人的に気になったところを書いていこうと思います。

@hiraku_wfs ftraceの解説と最近の動向

ftraceそのもの以上に、debugfsの使い方が興味深いものでした。debugfs(8)ではなく、Greg Kroah-Hartmanが実装した、kernelとuserspaceを橋渡しするためのインターフェースです。mkdirすることでトレース状態のスナップショットをとることが可能、という使われ方をしていました。

ライトニングトーク

「市販のプレスされたメディアでも結構エラーは出るもの」「むしろ一部の書き込みメディアの方がエラーレートが低いことがある」などなどいろいろと面白い話でした。qpxtoolはDebianパッケージもあるので、試してみたいところです。
フォントレンダラーのバグをつくことで、OSを落とすことすら可能なフォントデータが作れる、という話でした。過去にFreeTypeでも脆弱性の報告がありましたから、まあそういうこともあるよね、という感じです。今でもlibpngあたりはよく脆弱性が報告されていますから、気を付けたいところです。
TELNETの標準プロトコルでも暗号化をサポートしていますよ、という話がメインでした。実際に対応している実装としては、FreeBSDのtelnetがあるようです。Debianのnetkitベースなtelnetにそういう処理はなさそうでした。
驚愕だったのは、source routingをサポートしているというところです。sshの多段接続よりも驚きです。
残念ながら懇親会に参加することはできなかったので、懇親会内でのライトニングトークは聞けませんでしたが、あいかわらず濃いイベントでした。