i7 サーバー

半日かけてpen4のサーバをi7マシンに移殖。

旧サーバはhdd2つで、一つが起動用(贅沢だw)、1つがlvmで作ったxen domUで動くサーバ本体。

単純にこの2つを新マシンに入れ替えて再起動、で行けるはずだった。が。しかし。

xen hypervisor

i386のhypervisorでamd64のカーネルを動かそうとしていて動かなかった。これは当たり前。
そしてamd64のhypervisorでamd64のカーネルを動かしたら動かなかった。なぜに?
結局、amd64のhypervisorでi386のカーネルの組み合わせのみ起動できた。

title           Xen 4.1-amd64 / Debian GNU/Linux, kernel 3.2.0-4-686-pae
root            (hd0,0)
kernel          /boot/xen-4.1-amd64.gz
module          /boot/vmlinuz-3.2.0-4-686-pae root=UUID=hogehoge ro console=tty0
module          /boot/initrd.img-3.2.0-4-686-pae

使っているカーネルとかのバージョンは上記の設定を見て察してください(ぉ

実際にはupdate-grubで生成したものですので上下にいっぱい付いてますが省略。

書いてみるとこれだけなのなw半日かかったのに。

hypervisorぐらい再インストールしたかったのだが、単なるディスク移動だけで時間かかりすぎたので後回し。

/etc/xen/server はこんな感じ

bootloader ="/usr/lib/xen-default/bin/pygrub"
extra = "/boot/grub/menu.lst"

root="/dev/mapper/rio-root ro"
memory = 7168
name = "rio"
vif = [ 'mac=xx:xx:xx:xx:xx:xx' ]
disk = [ 'phy:sdc,xvda,w' ]
vcpus=8

メモリとディスク名、cpu数を変更した。/dev/sdcはディスク丸ごとlvmのpvになっている

domU

amd64カーネルに変えた。

apt-get install linux-image-3.2.0-4-amd64

domUはあっさりamd64カーネルで動いた。

カーネルの再コンパイルをしようとしたのだが、amd64カーネルが作れなかった。

make-kpkg --revision=1.0 --initrd kernel-image --arch=amd64

で行けるはずなのだが,

dpkg-architecture: warning: specified GNU system type x86_64-linux-gnu does not match gcc system type i486-linux-gnu, try setting a correct CC environment variable
make[2]: amd64-linux-gcc: Command not found

で動かなかった。amd64-linux-gccとかx86_64-linux-gnu-gccとか必要らしいがどこから入れるかわからない orz
これってもしかしてamd64でOSごと再インストールしないとダメとかって話?

今日は未解決のまま終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です