カテゴリー別アーカイブ: サーバー

windows10 再インストール

 なんかinsider previewが入ったらまたまたEdgeが死んだ。
 死んだのがEdgeなのか他が死んでEdge巻き込んだのかは知らないが、設定画面すら開けなくなった。
 コントロールパネルは開けるのだが、最近はコンパネで設定できないものが増えてきていて手詰まりに。

 前回は別ユーザーで多少は動いたので何とかなったのだが、今回は新規ユーザーでもセーフモードでも何ともならなくなった。

 とうとう、禁断のWindowsの初期化をやってしまった。

 意外と再インストール後のアプリの再インストールは面倒なだけで問題は特に起きなかった。
 レジストリだけ初期化されるのかとか思ったがさすがに甘くて、\Windows, \Program files*, \Users 辺りが全部\Windows.old 以下に移動(?)されていた。

 まあアプリ関係はMoveすれば動くようなもんでもないので再インストールしたが、設定ファイル関係がどこ行ったか良くわからんのもあったので諦めて初期設定からやり直し、がほとんどだった。

 Teraterm.iniが一番いじっていて前のが見つからなかったのがちょっと悲しかった……

MSSQL Server

14.0.3023.8-5にアップグレードしたら動かなくなった。

Error: 4860, Severity: 16, State: 1.
Cannot bulk load. The file "C:\Install\SqlTraceCollect.dtsx" does not exist or you don't have file access rights.
Error: 912, Severity: 21, State: 2.
Script level upgrade for database 'master' failed because upgrade step 'msdb110_upgrade.sql' encountered error 200, state

 謎のパスのファイルがないとかのエラーが出る。C:\ってなんじゃと思ったが、

Microsoft 曰く

sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set sqlagent.enabled true
sudo systemctl start mssql-server

 SQL Server エージェント 有効にして起動しろ、だそうだ。

mssql-server on ubuntu@systemd-nsspawn on debian

mssql-server on linux 入れてみようと思ったら、さりげなくubuntuのみでdebian対応していない。
無理やり入れてみようと思ったけどいくつか依存関係が解決できなくてあきらめていた。

ふと思いついたのが仮想マシン上でやればできるんじゃないかと。

ついでに最近覚えたsystemd-nspawnでやってみることにした。

mkdir /var/lib/machines/mssql
cd /var/lib/machines/mssql
debootstrap –variant=minbase –arch=amd64 xenial mssql http://ftp.jaist.ac.jp/Linux/ubuntu/
chroot mssql
passwd # rootのパスワード変更
exit
systemd-nspawn –boot –machine mssql

でとりあえず立ち上がる(はず。いろいろ試しているので足りないものあるかも)

ネットワークはとりあえずhostと同じものを。できればブリッジしたいけどそれやるとホスト側のifaceがeth0からbr0になって色々めんどい。

あと、これを試しているのがxen上の仮想マシン上で更にsystemd-nspawnとかイミフなことしているので。

sources.listに以下を追加。

deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/ubuntu/16.04/prod xenial main
deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/ubuntu/16.04/mssql-server-2017 xenial main

これだけじゃダメで、libc++1とかなかったので、ubuntuのsource.listも main だけから main restricted universe multiverse に変更した。
main universeだけでもいいのかもしれない。
apt-key とか apt-transport-httpsとか必要だけど割愛。

apt-get install mssql-server mssql-tools

でいいはずだったのだが、sqlserverの初期化に失敗する。mssql-toolsのsqlcmdが起動できない。

terminate called after throwing an instance of ‘std::runtime_error’
what(): locale::facet::_S_create_c_locale name not valid

ここでずっと止まっていたのだが、straceとか頑張ってhackしたら、locale に en_US.UTF-8 がない為だったらしい。

追加したら動いた。MSSMSとかからも接続できた。

DoCoMo imap

DoCoMoのメールをimapで読む方法

前準備

まず、dアカウントでドコモメールを利用 できるようにしないといけない。
これやってなかったせいでかなり時間を無駄にした orz

どう設定するのが正解なのかよく分からんのだが、スマホからWiFi切ってモバイルデータ通信でMyDoCoMo行けば確実っぽい。
PCからMyDoCoMoログインしても設定が見つからなかった。

MyDoCoMoからメール・パスワードなどの設定 -> メール設定 -> dアカウント利用設定の確認/変更 から

dアカウントでドコモメールを利用 -> 利用する をチェック

WiFiで見に行くと最後でWiFi切って最初からやり直せ言われる orz 実に分かりにくいが一度設定すればいいだけで滅多にやらない設定だからこんなもんか

DoCoMoの説明によるとSSL(over SSL3.0)とあるがSSL3.0大丈夫なのか?

wanderlust on emacs

普通にwanderlust 起動してからgで
%INBOX:"user@docomo.ne.jp"/login@imap.spmode.ne.jp:993!

で受信ボックスが見れるか確認

見れたら ~/.folders に
%:"user@docomo.ne.jp"/login@imap.spmode.ne.jp:993!/

と書いておけば階層全部見れるようになる。

送信側はたぶんPCから送信しないので割愛

その他

Becky! とか Windows10 標準メーラーでは、そのまんま設定すれば動いたようだ。
最初に延々と失敗したのは最初のdアカウント設定してなかったかららしい。

これでちょっとはフォルダの整理とかできるかなと思ったが、DoCoMoメールはimapの階層化には対応していないっぽい。残念。

やっちまった

 色々systemをいじっていたら、起動時のプロセスがおかしくなっていたらしく、起動できなくなっていた。

 そのせいで家人の仕事に影響出しまくり

 申し訳ない

 多分、systemd-networkd.serviceが起動しなかった。
 1分30秒でタイムアウトするのだが、また再起動しようとして失敗する、の繰り返し。

 結局時間までに動かなくて、仕事に大きな迷惑をかけてしまった m(_ _)m

 多分、socket関係の依存にnetworkが紛れ込んでいたためだと思う。
 /etc/systemd/system/ の下の *network* ファイルの依存をとりあえず消して起動したら動いた。

 ちなみにこのサーバーはxenの仮想マシンなので、dom0にログインすればリモートからでもいじれる。
 これ自体は役に立ったパターンなのだが、こういう複雑なことをしているからコケやすい、のかもしれない。
 前から、kernel 4.4.xじゃないとうまく動かなくて、最近なぜか4.13.xで動いたのでそれでやっていたのだが、それでも変なタイミングで止まってしまう。
 どうもディスクに負荷をかけると死ぬっぽい。
 単に準仮想化したいだけなのでxenじゃなくてもいいので、dockerとかsystemd-nsspawnに置き換えたいのだが、いざ変えようとするとゲスト側もそれなりにいじらなくちゃいけなくて、そこがめんどい。
 特にネットワーク関係がめんどくて、ブリッジ自体はxenでもやっているのだが、nspawnだとeth0がhost0とかになるっぽくて、簡単に置き換えれそうにないので現状放置。

 ていうか今こんなことやっている暇がない日程なんだけどなぁ・・・
 忙しい時に限って忙しくなるマーフィーの法則を実感しつつとりあえず寝る。