バーチャル背景を任意のサービスで利用する

Pocket

webcamにアクセスして、人体を検出し背景画像と合成をするページ
https://knok.github.io/virtbg/ を作りました。TensorFlow.js, BodyPixを使っています。

ページそのものは単にカメラへのアクセスと画像合成だけを行うので、これをオンラインミーティングサービス等で使うためには何かしらの手段で出力をカメラに見せる必要があります。Qiitaの記事として、OBS studioとプラグインを組み焦る方法を書きました。

Windows, Linux, Macそれぞれに対応するプラグインがあるので、それらのプラットフォームで利用できます。Linuxならv4l2loopbackを使います。

ブラウザ->OBS->プラグインという処理パイプラインになるので、これでも若干のオーバーヘッドがあります。Google Meetでカメラを差し替えるChrome拡張として実装した人がいるので、この方法ならオーバーヘッドはより少なく済んでいそうです。私は面倒だったのでOBSに機種依存部分を丸投げしてしまいましたが…その代わり任意のサービスに利用ができます。Jistiでも使えるので次のオンラインセミナーではこれを使うつもりです。