第120回東京エリアDebian勉強会、2014年11月勉強会参加

Pocket

先日「第120回東京エリアDebian勉強会、2014年11月勉強会」に参加してきました。

rroonga関連のパッケージをどうにかしようと考えていたのですが、Jornada 720にDebianを入れようとしていた人が来ていたので、そのお手伝いをしました。私自身はJornada 680を持っていて、過去にDebianを入れて使った経験があったので、それが多少役に立ちました。

Jornadaは、今は亡き「ハンドヘルドPC」と呼ばれるカテゴリのデバイスで、キーボードとディスプレイのついた小型PC的なものです。680はsh3が、780はStrongARMが搭載されています。標準OSとしてWindows CEが入っています。

基本的には「Lenny on j720」にあるカーネル、ブートローダー(CE用実行バイナリ)をCFに入れて、適切なカーネルパラメータを設定して起動するだけです。

任意のアプリケーションをインストールできるようにしたかったのですが、その場にあったPCMCIAネットワークカード(Corega PCC-TD)の認識がうまくゆかず、そこまではたどり着けませんでした。

一応、最近のkernelにもjornada 780向けのコード自体は入っていますが、パッケージとして用意されているarm用カーネルでその設定を有効にしたものは現状ありませんでした。コンパイルして動くかどうかもあやしい気がします。

この時代のunstableはLennyだったようで、userlandはLennyのものでした。このころはhotplug周りの仕組みが変化していた時期でしたが、Lennyは既にudevで動いていたようです。/etc/pcmcia/config*にCorega PCC-TDの設定を追加してやればNICも動いたかもしれません。

しかしLennyの頃はアーキテクチャarmとarmelが用意されていたのに対して、それ以降ではarmel/armhfに変わっています。ABIも変わってしまっているので、直接的なアップグレードはおそらくうまくいかなかったことでしょう。

Jornada 780は探せば1万円を切る程度の価格で入手できるようですが、さすがに今から使おうという気にはちょっとなれませんでした。