遅いSSD

xenをやめてsystemd-nspawnにしてから約1か月。

異常に重い。何かするとあっという間にload average 30とか50とか。ひどい時は200とか。
kworkerが異常発生していたりするんだけど状況がよくわからず困っていた。

何となくHDDが重い気がしていたんだけど調べる方法がわからず我慢していた。
ふとベンチマークしてみようと、hdparm使ってみた。

sudo hdparm -tT --direct /dev/sd[a-d]

/dev/sda:
Timing O_DIRECT cached reads: 496 MB in 2.00 seconds = 247.44 MB/sec
Timing O_DIRECT disk reads: 380 MB in 3.00 seconds = 126.58 MB/sec

/dev/sdb:
Timing O_DIRECT cached reads: 912 MB in 2.00 seconds = 455.98 MB/sec
Timing O_DIRECT disk reads: 454 MB in 3.01 seconds = 150.90 MB/sec

/dev/sdc:
Timing O_DIRECT cached reads: 264 MB in 2.00 seconds = 131.71 MB/sec
Timing O_DIRECT disk reads: 392 MB in 3.00 seconds = 130.59 MB/sec

/dev/sdd:
Timing O_DIRECT cached reads: 528 MB in 2.00 seconds = 263.75 MB/sec
Timing O_DIRECT disk reads: 436 MB in 3.01 seconds = 144.72 MB/sec

ちなみにsdcがSSD。
なんでやねん。一番遅い。

SSDだから、とlvm_cacheにしていたのだが、実は一番遅いメディアだった!そんな馬鹿な orz
昔はカーネルがちゃんとSSDだと認識していた気がするんだが、/sys/block/sdc/queue/rotational = 1 だった。

とりあえずlvm_cacheやめた。
適当にhddに負荷かけてみたが、高負荷にはならなかった & kworker 増えなかったので、とりあえずはlvm_cacheのせいにしておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です