gami のすべての投稿

レイコップ

レイコップ買った。
本当は掃除機を探していて布団掃除機も欲しいねぇと考えていたら、中古屋で1280円で売っていたw
ダイソンあたりの安いのないかなーと見に行っただけだったのだが、見つけて即購入した。
ここまで即決の衝動買いしたのは初めてだが後悔していない。
帰ってから値段を伝えると「絶対パチモンだ」とか言われてその通りだと思ったwが、2万の予算で1280円ならパチモンでもいいだろうと。
ちなみに化粧箱無し。まあいらんけど。マニュアルは入ってたし。内容ほとんどないけど。

使ってみたら、非常によく眠れるようになった。これは嬉しい。
フィルターカートリッジが小さいのですぐ洗う必要があるが、使った直後でもかなりゴミ取れたりして今までどんな所で寝てたんだと。

まだ本命の掃除機決めてないけど、これで布団掃除機能無視して選べる(*´▽`*)

Windows Media Player

古い音楽CD-Rが出てきたので取り込みもかねてWMP起動してみたら、アルバム情報が出ない。
おかしいな、アルバム情報は全部取り込んでたはずだけどと思いつつ、先日の再インストールで消えたかなと思って検索を選ぶ。
すると、

 つながらない。サーバー死んでるのかなと思ってググってみたら、version 1803 (Spring Update 2018)の不具合(?)らしい。
 サーバー名変更でまだ未稼働なのか、単なるバグなのか不明だがちょっと面倒な話だなぁ。
 しかもとりあえずの回避方法も無いっぽい orz

6/25 追記
いつの間にやら使えるようになっていた。
しかもアルバムの絵が適当なものに更新されていた。関係のありそうなアルバムで画像のあるものを適当に選んでいるようだ。

windows10 再インストール

 なんかinsider previewが入ったらまたまたEdgeが死んだ。
 死んだのがEdgeなのか他が死んでEdge巻き込んだのかは知らないが、設定画面すら開けなくなった。
 コントロールパネルは開けるのだが、最近はコンパネで設定できないものが増えてきていて手詰まりに。

 前回は別ユーザーで多少は動いたので何とかなったのだが、今回は新規ユーザーでもセーフモードでも何ともならなくなった。

 とうとう、禁断のWindowsの初期化をやってしまった。

 意外と再インストール後のアプリの再インストールは面倒なだけで問題は特に起きなかった。
 レジストリだけ初期化されるのかとか思ったがさすがに甘くて、\Windows, \Program files*, \Users 辺りが全部\Windows.old 以下に移動(?)されていた。

 まあアプリ関係はMoveすれば動くようなもんでもないので再インストールしたが、設定ファイル関係がどこ行ったか良くわからんのもあったので諦めて初期設定からやり直し、がほとんどだった。

 Teraterm.iniが一番いじっていて前のが見つからなかったのがちょっと悲しかった……

MSSQL Server

14.0.3023.8-5にアップグレードしたら動かなくなった。

Error: 4860, Severity: 16, State: 1.
Cannot bulk load. The file "C:\Install\SqlTraceCollect.dtsx" does not exist or you don't have file access rights.
Error: 912, Severity: 21, State: 2.
Script level upgrade for database 'master' failed because upgrade step 'msdb110_upgrade.sql' encountered error 200, state

 謎のパスのファイルがないとかのエラーが出る。C:\ってなんじゃと思ったが、

Microsoft 曰く

sudo /opt/mssql/bin/mssql-conf set sqlagent.enabled true
sudo systemctl start mssql-server

 SQL Server エージェント 有効にして起動しろ、だそうだ。

mssql-server on ubuntu@systemd-nsspawn on debian

mssql-server on linux 入れてみようと思ったら、さりげなくubuntuのみでdebian対応していない。
無理やり入れてみようと思ったけどいくつか依存関係が解決できなくてあきらめていた。

ふと思いついたのが仮想マシン上でやればできるんじゃないかと。

ついでに最近覚えたsystemd-nspawnでやってみることにした。

mkdir /var/lib/machines/mssql
cd /var/lib/machines/mssql
debootstrap –variant=minbase –arch=amd64 xenial mssql http://ftp.jaist.ac.jp/Linux/ubuntu/
chroot mssql
passwd # rootのパスワード変更
exit
systemd-nspawn –boot –machine mssql

でとりあえず立ち上がる(はず。いろいろ試しているので足りないものあるかも)

ネットワークはとりあえずhostと同じものを。できればブリッジしたいけどそれやるとホスト側のifaceがeth0からbr0になって色々めんどい。

あと、これを試しているのがxen上の仮想マシン上で更にsystemd-nspawnとかイミフなことしているので。

sources.listに以下を追加。

deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/ubuntu/16.04/prod xenial main
deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/ubuntu/16.04/mssql-server-2017 xenial main

これだけじゃダメで、libc++1とかなかったので、ubuntuのsource.listも main だけから main restricted universe multiverse に変更した。
main universeだけでもいいのかもしれない。
apt-key とか apt-transport-httpsとか必要だけど割愛。

apt-get install mssql-server mssql-tools

でいいはずだったのだが、sqlserverの初期化に失敗する。mssql-toolsのsqlcmdが起動できない。

terminate called after throwing an instance of ‘std::runtime_error’
what(): locale::facet::_S_create_c_locale name not valid

ここでずっと止まっていたのだが、straceとか頑張ってhackしたら、locale に en_US.UTF-8 がない為だったらしい。

追加したら動いた。MSSMSとかからも接続できた。