i7 サーバー

半日かけてpen4のサーバをi7マシンに移殖。

旧サーバはhdd2つで、一つが起動用(贅沢だw)、1つがlvmで作ったxen domUで動くサーバ本体。

単純にこの2つを新マシンに入れ替えて再起動、で行けるはずだった。が。しかし。

xen hypervisor

i386のhypervisorでamd64のカーネルを動かそうとしていて動かなかった。これは当たり前。
そしてamd64のhypervisorでamd64のカーネルを動かしたら動かなかった。なぜに?
結局、amd64のhypervisorでi386のカーネルの組み合わせのみ起動できた。

title           Xen 4.1-amd64 / Debian GNU/Linux, kernel 3.2.0-4-686-pae
root            (hd0,0)
kernel          /boot/xen-4.1-amd64.gz
module          /boot/vmlinuz-3.2.0-4-686-pae root=UUID=hogehoge ro console=tty0
module          /boot/initrd.img-3.2.0-4-686-pae

使っているカーネルとかのバージョンは上記の設定を見て察してください(ぉ

実際にはupdate-grubで生成したものですので上下にいっぱい付いてますが省略。

書いてみるとこれだけなのなw半日かかったのに。

hypervisorぐらい再インストールしたかったのだが、単なるディスク移動だけで時間かかりすぎたので後回し。

/etc/xen/server はこんな感じ

bootloader ="/usr/lib/xen-default/bin/pygrub"
extra = "/boot/grub/menu.lst"

root="/dev/mapper/rio-root ro"
memory = 7168
name = "rio"
vif = [ 'mac=xx:xx:xx:xx:xx:xx' ]
disk = [ 'phy:sdc,xvda,w' ]
vcpus=8

メモリとディスク名、cpu数を変更した。/dev/sdcはディスク丸ごとlvmのpvになっている

domU

amd64カーネルに変えた。

apt-get install linux-image-3.2.0-4-amd64

domUはあっさりamd64カーネルで動いた。

カーネルの再コンパイルをしようとしたのだが、amd64カーネルが作れなかった。

make-kpkg --revision=1.0 --initrd kernel-image --arch=amd64

で行けるはずなのだが,

dpkg-architecture: warning: specified GNU system type x86_64-linux-gnu does not match gcc system type i486-linux-gnu, try setting a correct CC environment variable
make[2]: amd64-linux-gcc: Command not found

で動かなかった。amd64-linux-gccとかx86_64-linux-gnu-gccとか必要らしいがどこから入れるかわからない orz
これってもしかしてamd64でOSごと再インストールしないとダメとかって話?

今日は未解決のまま終了。

WHR-300

メルコ(現バッファロー)のWHR-300購入しました。

無線LANルータが欲しかったので購入。隣にWZRシリーズもあったのだが、その場で適当に悩んでWHR-300に決定。

RIP

しかしフタを開けてみるとRIP未サポート orz

最近の安いルータはRIPとか入っていないのかな?さすがにRIPNGは期待していなかったが。

IPv6サポートも結局パススルーでフレッツv6使えますよだけだしなぁ。まあv6ルータあったとしてもそんな設定をするわけでもないのだが。あればあったで使い道はいくらでもある。

設定

さすがに設定は楽である。一番最初だけは直結して設定しなければならないと思っていたのだが、説明書によると線をつないでホームページを表示すればいいとのこと。

ホームページとは情けない用語だなと思いつつ適当につないで適当にブラウズしたら、なんと設定画面が出てきた。
どうも未設定状態で接続があると自動設定した後に設定画面に移行するようだ。ここまで簡単になったのね・・・

でもルータにせず単なるブリッジにしたいからどうせ設定変えないとなーといじっていたら、WAN側にDHCP鯖のいるLAN、LAN側に設定PCつなげてルータ自動(機器の物理的選択スイッチ)を選択したら、勝手にWAN側はDHCPクライアントに、LAN側はDHCPスルーでアドレス拾って動いていた。

なんとも便利な世の中になったもんである(しみじみ

携帯電話(N04B)はAOSSで、WEBカメラ(CS-W04G)はWPSで設定した。
無線LANは相変わらずごちゃごちゃ面倒なことをしてしまったのだが、AOSSはサーバクライアントせーのでぽちっとな、で終わってしまうようだ。
WPSを初めて使ったので悩んでしまったが、サーバかクライアントかで相手のpinコードを入力してぽちっとな、で良いようだ

最初に両方にお互いに設定してしまってハマった。結局最終的にどのやり方が良かったのかわからんままだがまあつながっているからいいとしよう。
DHCPリース期間過ぎたらちゃんと再取得してたみたいだし。

結局

明示的に設定したのはntpとsyslogサーバのアドレスぐらいでした。

面倒だからやらないけど、たぶん再初期化してntpとsyslogの設定、AOSSとWPSでクライアント登録したら現状と同じになる気がする。